電波とアリス

思ったこととかなんでもない日常を書いたり書かなかったり

電車に飛び込んだあの子は

こんにちは、

せりな(ryです。

 

今回のテーマはタイトルの通りです。

ご存知の方もみえるかと思いますが、

7月1日に女子高生がツイキャスで配信しながら、

電車に飛び込み自殺しました。

私も、話題になってすぐその子について調べました。

というより、Twitterのタイムラインに飛び込む瞬間の

動画が流れてきたのを見たときに、

この子はなんで死を選んだんだろうという不謹慎ながらも

純粋な興味からでした。

 

所詮ネットで調べただけの情報なのでどこまでが本当か分かりません。

ですが、私が調べて出てきた情報は

・彼女は親と不仲だった

・彼女は妊娠していた

・しかし、その彼氏とはうまくいってなかった

・OD等を日常的にしていた 

 

こんな感じだった気がします。

間違っていたらすみません。

 

いろいろ調べてみて、彼女はつらい境遇にいたんだなと、

今回死を選ぶことでようやくその鎖から開放されたんだなと、

ネットでは迷惑だなんだと言う人がいる一方で

私はそう感じました。

 

どうしてあの子は自分が死ぬ瞬間を配信したのか。

そう疑問に思ってる方もたくさんいました。

 

私は彼女ではないので本当のところは分かりませんが、

個人的にはいくつか理由があったと思います。

まず第一は復讐。

自分にひどいことをした親や彼氏への、です。

自殺配信はネットで話題になることは誰でもわかります。

つまり、ネットで話題になれば、

その人たちへ少なからず批難の声が浴びせられる。

そう考えたのではないかなと。

次に誰かの記憶の中で生きたかったのではないかな、と。

以前ブログにも書きましたが、

私は過去親しい人が自殺しました。

同じように配信をしながら飛び降りました。

その子も「どうか忘れないでいてくれたら嬉しい」

そう言っていたのが頭に残ってます。

自分には頼れる親も場所もないけど、

ネットでたくさんやさしくしてもらったから、

どうかその人たちには忘れてほしくない、

その人たちの中で少しなりとも覚えててもらえたら

幸せだって。

それがこんな自分でも生きていた爪あとに、

生きていた証になるって言っていました。

今回の子とは境遇がところどころ似ていたので

少しはあったのではないかと。

最後に止めてほしかったんじゃないかな、と。

むしろ個人的にはこれが大きかったように思います。

飛び込む直前のキャスで「話し相手がいない」と言っていました。

あれが彼女の最後のSOSだったんじゃないかなと思います。

あそこまで来たらもう死ぬことを決心していて

何を言っても止められない可能性が高いですが、

自分の最後の思いを、つらかったことを、

キャスの閲覧者を「話し相手」として、

配信という形で話を聞いてほしかったんじゃないかなと。

 

拙い文章になってしまいましたが、

こんな風に考えていたんじゃないかなという

あくまで「私の予想」です。

 

きっと彼女もつらかったと思います。

私なんかにははかれないくらい。

 

だから、こんな言い方をしたら

不謹慎だとか思われるかもしれませんが、

本当に辛い中よく16年間も生きたと思います。

 

死は逃げだという方もいます。

その考えも痛いくらい分かります。

でも私はメンヘラなので、

死は最後の幸せになる手段だとも思います。

死の先に何があるかは分かりません。

でもただ確実なのは今の辛い状態からは変わる。

お恥ずかしいことに、私は見事に首吊りも飛び降りも失敗しましたが、

首をつったときも、5階から飛び降りたときも、

私が考えていたことは、

「このまま生きていたって未来が見えない」

「こんな辛い中でどうやって生きていたらいいのか」

「死ねば今の辛さは終わる」

「死の先なんか誰も分からないし死んでみればいい」

そんなようなことばかりだった気がします。

 

だから、どうか死んだその先で幸せでいてください。

今回亡くなってしまった彼女に

心よりご冥福をお祈りします。