電波とアリス

思ったこととかなんでもない日常を書いたり書かなかったり

終わり

こんにちは、せりな(ryです。

 

今回のテーマは「終わり」と「始まり」です。

私は1年半程同じゲーセンで働いているのですが、

そのお店が明日で閉店になるのです。

12日が最終営業で、13~15日で撤去し、

16~18で新しい会社の搬入、19日オープンです。

なので閉店ですが、実際は経営者の入れかわり、ってところです。

ですが、親会社自体が変わるので店の名前も変わりますし、

社員さんはもう来ることはありません。

ありがたいことに次に来る会社でも今と同じ条件で

アルバイトのメンバーは引き継がれることになったのですが、

やはり明日の最終営業を思うと寂しくてたまらないです。

 

僕のいるゲーセンは大げさかもしれませんが、

第二の家族がいる場所、みたいなものでした。

散々迷惑をかけてきたけど、社員さんのことも

アルバイトのメンバーもみんないい人で、

お客さんとも仲がよくて、働くのが楽しくてたまらなかったです。

普通のゲーセンとは違って、お客さんとの距離が近いところがだいすきでした。

アクセサリー、ネイル、髪、服装自由で本当に個性的な職場でした。

 

時にはお客さんとごたごたしたこともあったし、

ストーカーされたり、セクハラされたりしたこともあって

泣いたこともやめたいと思うこともたくさんありました。

でも、たくさんのお客さんと仲良くなって、

たくさんいろんな話をして、常連さんになってくれて、

「楽しい」とか「ありがとう」っていってもらえるたびに

あぁ、ここで働いててよかったって思えました。

 

はじめはひきこもってたせいで、

コミュ障こじらせすぎて「いらっしゃいませ」って

話しかけることすらきょどっていた私に、

人は意外と怖くないことを教えてくれたのも、

この職場でした。

ここで働いたからこそほかの人とコミュニケーションを

とれるようになったと言っても過言ではありません。

なんなら、今の彼氏と出会ったのもこの職場でした。

 

思い出深い大好きなお店が明日で最終営業です。

私は最終営業日の15~20時のたった5時間ですがシフトを組んでいただきました。

きっと私にできることは何もないけどせめて

「楽しかった」と言えるように終わりたいと思います。

日曜日の撤去作業も9時間シフトに組んでいただいたので、

引渡しのときはいけませんが、

せめてお店をちゃんときれいにしてこようと思います。

 

以前ブログに書いたのですが、

風評被害にあった時にそれでもいつか

前みたいに営業できるかもしれないって

前向きにがんばっていたのことは叶いませんでした。

 

今でも泣きそうなくらい悔しいです。

正直終わらないでって思います。

しんどさばっかりが襲ってきます。

 

でも、最終営業も撤去も組んでくださったので

自分の手でちゃんとけじめをつけてきます。