電波とアリス

思ったこととかなんでもない日常を書いたり書かなかったり

「付き合う」とは

こんにちは、せりな(ryです。

 

わーるどの狭間の主のかきがブログで書いていて私自身Twitterで少し話したのですが、「付き合う」ということについて考えたので改めてまとめてみます。

 

私自身今まで何人かの方とお付き合いさせていただいて私が思った付き合うとは「他の人のところにいかないという契約」だと思います。

それだと浮気や不倫は??ってなると思いますがとりあえずそこは置いといてください。

かきが言っていました。

ヤるだけならセフレという関係だってある、ちゅーだったり、傍にいるだけなら友達だってできるんじゃないかと。

私もその通りだと思います。

でも私は例えばセフレとか恋人とは大きな違いがあると思います。

それは相手が他の人と関係を持ったときに責めることができるかどうか、です。

セフレが相手が他の人とヤったから責めるのは無理だと思います。

責めても「所詮体だけの関係なのに」となってしまうのが大多数です。

でも恋人なら?

恋人ならどうして他の人とヤったのか責めてもおかしくありません。

それは付き合うということで他の人のところにいかない「契約」を結んでいるからだと思うのです。

 

例えば友達やセフレでも相手のことが好きでたまらないとします。

でもその相手が他の人と付き合うことになったとき責めることができるでしょうか。

答えは否です。

友達等の関係ではいつ相手が他の人のところにいくかもわからない、縛るものも何もないのです。

 

だからこそ私は好きな人ができたときに付き合うということをしています。

他の人のところに行かないで、他の人を見ないで、そんな思いです。

先ほど契約という言葉を使いましたが結局のところ付き合うなんて独占欲以外の何物でもないのかもしれませんね。

言い方を少し悪くすればその人の「予約」なのかもしれません。

私が予約してるから他の人は手を出さないで、そんな感じです。

恋人の上は夫婦です。

だから将来夫婦になる予約だと考えれば多少はしっくりきますかね。

今まで何度も別れを経験してきました。

なんでこんな人と付き合ってたんだろう、そう思うことも多々ありますし、今でも付き合ったことを後悔している人もいます。

それでも始めは大好きだったし、結婚したいと思っていた時期もあったと思います。

そう思っていたからこそ付き合っていたのだと思います。

 

私は世間一般で言えば重たいです。

でも今まで正直浮気もしたことがあるし、浮気もされてきました。

そんな中で見つけ出した付き合うことの答えがこれでした。

この考えに至ってからは浮気することもやめました。

それと同時に、相手の浮気を許せなくなりました。

これからもきっとこの考えは変わらないと思います。

 

もはや何が言いたいのか自分でもわからなくなってきたのでこの辺で失礼します。

もし少し考えがすっきりしてきたらまた編集しておこうと思います。