電波とアリス

思ったこととかなんでもない日常を書いたり書かなかったり

審査員特別賞

お久しぶりです。

すっかり更新していなかった久しぶりのブログです。

 

近況をざっくりまとめるとたくさんメンタルをヘラせながらたくさんバイトして、

誕生日には人生初のインフルエンザで寝込み、

学校の試験やら補講に追われてって感じでした。

 

そしてタイトルの「審査員特別賞」ですが、

先日私の通っている学校で学内コンテストが行われました。

それで私のコンテストでの結果がゲーム部門:審査員特別賞でした。

 

応募数はゲーム学科の1年生が30くらい?で、私の学科の1年生が8、その他2年生等って感じでした。

ゲーム学科はその名の通り1年生のうちからゲームデザインや自分のゲームのプレゼンの勉強をします。

私はあくまで「ゲーム開発専攻」であり、1年生のうちはその専攻関係なく学科一律で勉強をするのでゲームデザインの知識も、プレゼンの知識も皆無でした。

 

それでもなぜかプレゼン資料のみでの審査の1次審査をゲーム学科に混ざって通り、最終審査でプレゼンをすることになりました。

 

そして、本来であれば「最優秀賞」「優秀賞」のみなのですが、なぜか「審査員特別賞」という枠を増やし入賞という形でした。

 

正直死ぬほど悔しかったです。

私は恋人からもあきれられるくらいの負けず嫌いです。

だから最優秀賞をとれなかったのが悔しかったです。

それが例え相手がゲームやプレゼンの勉強をしていて、

こちらは全くのど素人だったとしても、です。

 

でもそれよりも悔しかったのがクラスメイトや友人に

「がんばったで賞」「努力賞」と言われたことでした。

もちろん努力はしました。

それでも認められない人もいる中で今回賞を増枠して入賞させていただけたのは本当に光栄なことだと重々承知してます。

今回賞を増枠して私を入賞させるにあたって、

審査員であった有名なゲームクリエイターの方が1番進言してくださったことも聞きました。

「あの子はゲームやプレゼンの勉強をしていないのにあのクオリティを出せるのはすごい」

「この子には伸びしろが多いにある」

「来年自分がこの子を育てられるのが楽しみ」

などなど、いろいろなことを言ってくださったと聞きました。

それでも審査員特別賞は私を萎えさせないための飴替わりの妥協賞なのではないかと思ってしまい純粋に喜べませんでした。

 

私は育った環境や、もともとの性格もあり上記の通り死ぬほど負けず嫌いです。

だからこそ妥協の賞なんかいらなかったし、

クラスメイトや友人にばかにされるくらいなら尚更いらなかったです。

 

学校でも、家に帰ってからも悔しくてたまらなくてたくさん泣きました。

彼氏はいつも「上に立つ人は自分が上だってわかってるから下の人の言うことを

気にしない。

せりなはセンスもあるし、努力も人一倍してるし、その分野を心から楽しんでるから絶対に上に立つ人になれる。

下の人は自分ではかなわない相手にせめて毒をはいておこうってだけ、それしかできないから。

だからただの僻みだから気にする必要なんかない。」

そう言ってくれます。

私は常に自己評価が最低です。

だから彼氏が言う私のセンスも、自分が上に立つ人になれるというのも正直よくわかりません。

今回も「最終審査の時点で少なくとも30人以上は蹴落としたんでしょ?

しかも、ゲームとかプレゼンの勉強をしてたはずのゲーム学科さえも敵わなかったんでしょ?

それは同じ勉強してたら最強になれてたかもしれないし、

今回は環境がまだ整ってなかっただけで次はせりなが1位に決まってんじゃん」

って言ってくれました。

 

死ぬほど悔しいですが、彼氏がそう言ってくれたので今回はもうこの結果を認めることにしました。

ただ、あきらめるわけじゃなく受け入れるだけです。

来年は絶対に私が最優秀賞にのぼりきる、ただそれだけです。

来年ゲームの勉強含めいろんな勉強をして私は絶対に「最強」ってやつになるのです。

 

以上、長くなってしまいましたが近況報告でした。

マスゴミめ

タイトルのままです。

マスコミってなんでこうもマスゴミなんでしょう。

 

私は今までもブログに書いてきた通りとあるゲームセンターで働いています。

みなさんは先日大阪でゲーセンが摘発、社長含め従業員が逮捕されたというニュースをご存知でしょうか。

それ自体はもちろん事実です。

やり口もバイトとはいえ同じアミューズメント業界で働いている者としてとても恥ずかしく思うくらいひどいものだと思います。

ですが、その報道の際に機械自体のことをあることないこと適当に言ってくれました。

 

私のバイト先はニュースで出た2台、それに加えネットで騒がれている台なども置いてます。

もちろん法に触れることはしていませんし、詐欺行為もしていません。

 

「確率機」というのをご存知ですか。

あれは設定にもよりますがもちろんガチャのように爆死をするときもあれば、おいしい思いをすることもある。

そんな台です。

 

私の店でも爆死した人はいました。

それでも摘発されたとことは違い、取れないように細工などはなく、

お客さんがあまりにもお金を使っていたら店員が心配しだす、そんな店です。

 

店員とお客さんも本当に仲良くて、スタッフもいい人ばかりで、

暖かいそんなお店が大好きでした。

 

でも、マスゴミのせいで掲示板やSNSで私のお店を詐欺をやっている、

系列店だ、そんなことを言われるようになりました。

もちろん事実無根です。

しかし、名前やロゴが出回り私の店の信用は0になりました。

 

そのためお客さんと話すのが禁止になり、

常連さんですら基本的には話さない方向ということになってしまいました。

お客さんと話すのがすきで、

それがこのゲーセンならではだと思っていたし、

お客さんと話さなくていいのなら他の店と変わらないと心の底から思いました。

 

極めつけは名前をもう名乗らないということでした。

1度落ちた信用を取り戻すにはもうこの名前をやめるしかない、それが上の判断でした。

そのためロゴが入ったポロシャツやビニールジャンバーの制服、

名札、すべてが禁止、および変更となりました。

 

一昨日ですかね。

私が任された仕事は店のロゴの入ったポロシャツ全ての廃棄、

および今までお客さんとたくさん撮ってきた思い出のチェキたちの廃棄でした。

 

正直涙が止まりませんでした。

 

大好きだった店の経営方針が大幅に変更されて、

もう大好きだったお店の名前を名乗ることも許されない、

私にはつらすぎました。

 

ニュースが出てから何度完全な風評被害で悪口を言われたか分かりません。

何度店を、来てくださっている常連さんやお客さんを馬鹿にされたか分かりません。

同じ名前の系列店が今月末に1店舗完全閉店になることが決まりました。

 

もう嫌です。

ほんとにないこと適当に報道して、なんでこんなことにされなきゃいけないんでしょう。

無関係なのにここまでどうしてたたかれなきゃいけないんでしょう。

どうして大好きだった店の名前を名乗っちゃいけないんでしょう。

どうして大好きだったお客さんたちと話しちゃいけないんでしょう。

 

いつかまた自分の大好きな店の名前を堂々と名乗りたいです。

 

いつかまただいすきなお客さんたちと話したいです。

 

いつかまた、そんな日が来るといいんですけどね。 

 

涙が止まりません。

私の大好きだった店を返してください。

レイジーシンドローム

こんにちは、せりな(ryです。

タイトルの「レイジーシンドローム」は水樹奈々さんファンならぴんとくるものがあるのではないでしょうか。

タイトルは直訳で「怠慢症候群」ですね。

今回はまさに私にぴったりだと思ってタイトルにレイジーシンドロームとつけさせていただきました。

 

突然なんですけど、私、恋人のことだいすきなんですよ。

今まで付き合った人は残念ながら好きでも性格が合わなかったり、

私に手をあげる人だったり、

道具としてしか私のことを見てくれなかったり、

浮気されたりでお別れしてきました。

かくいう私も愛されたいあまりに浮気に走ったりしたこともあるのであまりいえませんが。

 

でもどのお付き合いしてきた方もそのときは好きだったんですよ。

でも今の恋人はそれが比にならないくらい好きで、

一途にお付き合いさせていただいてて、

これからもずっといられたらって思いながら

一緒に日を重ねていくのがすごく幸せで、

どんなに食欲が無くても一緒ならご飯食べられたり、

どんなに寝れなくても一緒ならぐっすり寝れたり、

愛してくれてるのもおぼろげながらでもきっと好きでいてくれてるんだろうなって信じられる人です。

 

だからこそこれからも一緒にいたいからこそ言っちゃいけないこととか、

やってはいけないこと、破っちゃいけないことってあるはずなんです。

でも昨日やらかしてしまって、きっと言っちゃいけない言い方をしてしまって。

なんていうかLINE上では気にしてないっていうものの、

昨日の通話のきり方、話し方といい、

LINEでの話し方といいきっと私を許してないのがひしひしと伝わってきて、

だいすきって言われても全く分からなくて

むしろ虚しくなって、よくわかんないです。

 

自分が仕事で疲れてたとか、

精神的に参ってたとか、

そんな言い訳は考えれば簡単にでてきますが、

わがままなのでそんなので片付けたくはなくて、

もっと言い方あったし、伝えたいことは別のことだったのに、

どうしてあんな言い方したんだろうって1人猛反省会ってやつです。

 

きっと今回のことで嫌われたりとか、

嫌いとまでいかなくてもきっと冷められただろうなって。

 

私にとって恋人ってかなり大きな存在なんです。

重いってよく言われますが、彼氏と喧嘩しただけで頭痛胃痛吐き気カーニバルで、

ゼリーとかスープとかを少し体内に入れただけでも吐いて、

寝ることすらままならなくて状態になるくらいには必要な人なんです。

 

最近の私の精神状態はお世辞にもいいといえる状況ではなくて、

幻聴がたくさん聞こえてくるし、

トラウマがどんどん流れてきたりとか、

ありもしない想像が何の脈絡もなしに頭に流れてきて

怖くて手が震えたり、そのまま過呼吸で倒れたり、

何か考えてないと出てくるのは「死にたい」「消えたい」ばっかりだったり。

自分でも自分の感情をコントロールできなくて、

どうしたらいいのかも分からなくて、

かといってどうそれを話したり相談していいかも分からなくてってループです。

 

どうしたらいいんでしょうかね。

ひとまずはリスカやらODやらで無理やりにでも余裕つくって

彼氏にまたちゃんと謝って、

もう1回チャンスがもらえるならがんばって幸せにしてあげたいなって思います。

 

ただ彼氏が幸せでいてくれるならそれでいいです。

メンヘラ加速してきてしんどみ溢れる毎日ですが今日も僕は元気です。

人生楽しくないです。死にたいです。

誰か助けてください。

もっともっとがんばります。

11/17

今日は学校でカウンセリングを受けてきました。

カウンセリング自体は今までも何度も受けたことあるのですが、今年に入ってからは初めてでした。

 

カウンセリングの結果は今すぐ病院に行ってくださいでした。

それで安定剤とか眠剤処方してもらってくださいって。

ただただ今の状況話しただけなのにわけわかんないですね。

カウンセリング受けて病院送りにされるの何回目だろうって感じです。

そんなにみんなして私を異常だって言いたいのかなって思っちゃいます。

そういうわけじゃないって分かってても飲み込めないものは飲み込めないんです。

 

後日学校から病院紹介するし、なんなら連れていくから保険証だけ準備しておいてくださいって言われました。

 

いつになったら健常者さまに近づけるのかな。

泣きすぎて目が痛いし頭も痛いです。

なんかもうやだです。

愛着障害

お久しぶりです。

相変わらずブログさぼってましたせりな(ryです。

どんどん寒くなってきて冬の訪れを感じながら、

外より寒いで定評のある私の部屋で毎日かたかた震えてます。

ほんとこれ以上寒くなるの勘弁してってもう既になってます。

 

さて、今回のテーマは愛着障害です。

愛着障害とはなんぞや?って方もいらっしゃるとおもいます。

簡単に言うと小さいころに育ててくれてる人とうまく関係を築けなかったがゆえに、人とのかかわり方に支障が出たりといった具合のものです。

人とのかかわり方は過度に親密であったり、その逆も然りで極端に人付き合いが苦手だったりといろいろなパターンがあるみたいです。

なんでこのテーマにしたかというと今日の朝親に怒られてふと思い出したからです。

私自身愛着障害だといわれてるので書いてみようかなっていう感じです。

愛着障害の発症理由は様々で、親からの虐待だったり、養育者がころころ変わって十分なコミュニケーションをとれなかったりとかいろいろあるみたいです。

私の場合は必要最低限のことはしてもらっていましたが、ほとんど干渉されず、

妹が生まれてからは妹ばかり可愛がられ私は放置、無視とがエスカレートという状況で育ったのが原因でした。

今日の朝も絶賛学校行きたくない気で自律神経やられてきちゃってるのですが、

妹が学校行きたくないって言うと「大丈夫?どうしたの?いやなことあった?」って感じなのですが、私には「は?早く起きろ、学校いけ」って感じです。

ちなみにこの2,3日でも同じような内容でもの投げつけられたり殴られたりの喧嘩しました。

妹は親との喧嘩で殴られたことないんですけどね。

 とかいいつつ、私ももはや親のことを好いていないのでそこまで気にしてないです。

ただ、愛されることが理解できないのに今も苦しんでいます。

例えば恋人が好きと伝えてくれたり、愛してると言ってくれるのにも、信頼しているので嘘をついていないのは分かるんですが言葉が頭で処理されている感覚というか、うまいこと言えませんがふわついた感じで愛されてる実感になかなか繋がらないのです。

私自身は誰かを愛おしく思う気持ちもありますし、彼氏にもこういう行動をするのは愛してくれてるからなんだなって理解しようって言われて心がけているのでだいぶ愛されてるんだなって思うことはできるようになりました。

それでも実感というか、言葉が中まで降りてくる感覚はないのですが、いつか恋人の好きとか愛してるをちゃんと受け止められるようになりたいです。

リストカット

こんにちは、せりな(ryです。

今回のテーマは「リストカット」です。

いわゆるリスカってやつですね。

精神疾患などを抱えている人を「メンヘラ」という言い方をさせていただけば、私はそのメンヘラという部類に入る人間です。

近年「ファッションメンヘラ」と言われる人も増えてきました。

精神疾患などはなくただ病んでる!って言っている自分に酔っているというか、

例えば多重人格を演じてみたり、カッターで猫のひっかき傷みたいなのを作ってリスカしたどうしようみたいな感じでしょうか。

ちょっと言い方が悪くなってしまったかもしれませんが、いわゆるメンヘラに憧れて真似事をしているという感じでしょうか。

 

先ほども言いましたが今回のテーマはリストカットです。

かくいう私もリストカット経験者なのですが、初めに言っておきます。

やらずに済むならやらないに越したことはありません。

影響のされやすい方はこの先を読むのをおすすめしません。

 

いつかのブログにも書いたのですが私が昔一緒にいた人はいろいろな精神疾患を抱えていました。

リストカットもしていました。

ぱっかんと開いて白い脂肪層が見えて、それでも切り続けて満足したらピンセットで中を抉ったり、出てくる血を薬の瓶に溜めているような人でした。

いわゆる縫合レベルのリストカットを日常的に繰り返していました。

もちろん毎度毎度病院に行って縫ってもらうわけにもいかないので、いつも私が手当てしていました。

テープやガーゼなどを使えば縫合なしで縫合レベルにぱっかんしてもくっつくんです。

人体の不思議みたいな感じですね。

実際はそんな呑気なものじゃないですが。

 

そんなこんなで私も昔はこの人を支えなきゃ、この人の前だけでも元気でいなきゃって思っていたのでもともと自傷欲はあったのですがODに逃げたり、自傷をしても絶対に服に隠れるお腹や胸の近くでした。

そんなことを言ってももうその人は亡くなってしまって、

情けない話ですが私もリストカットに走るようになりました。

その人ほど深くは切ってませんが、脂肪層まで切って軽くぱっかんして跡が残る程度です。

リストカットをして自分で手当てしていると

「あの人はいつもどんな気持ちで私に手当てされてたのかな」なんて思います。

自分や周りがリストカットをしていて思うことはやらなくて済むならしない方がいいということ。

軽い考えをしていると想像以上に周りからは白い目で見られること。

この2つでしょうか。

前者は、リストカットは1度はまってしまうとなかなか抜け出すのが難しいです。

それこそODと一緒かもしれません。

事実、リストカットをするとエンドルフィンという脳内麻薬とも呼ばれるものが分泌されます。

これが自傷行為に依存させるのかなって個人的に思います。

 

今の世の中ストレスが無いという方の方が珍しいと思います。

同じ出来事であってもかかるストレスの大きさは人それぞれですし、学校、仕事、家、それ以外いろんな場面でストレスを感じる場面があります。

でも、出来れば自傷行為以外でストレスを発散できる方法を見つけてほしい、そう思います。

 

私自身今もリストカットは辞められていませんが、跡があることで付き合っている人に嫌われるのではないか、付き合っている人まで白い目で見られるのではないか、そんなふうに思ってしまいます。

日焼け対策もありますが夏になっても絶対に薄手のカーディガン等を羽織って腕を隠したりしています。

友達とどこかご飯を食べに行ってお店に入っても上着は脱げなかったりすると、羨ましいなって素直に思います。

それだけでも後悔しかしないのに、リストカットをした後はいつも決まって「なんでやっちゃったんだろう」という自己嫌悪に苛まれます。

 

仮に私以外の人がストレスがあって衝動的にリストカットをしてしまったとかそういうのなら何とも思わないのですが、それでもリストカット以外にストレス発散方法を見つけることが出来たらと思います。 

 

ただ言いたいのは興味本位で、心配されたくて、メンヘラの真似事がしたくて、とかそういう理由なら手を出さない方がいいということです。

 

長くなってしまったうえに自分語りが多くなってしまいましたが、このブログを読んでリストカットを考えている人は少しでも踏みとどまってくれたらと思います。

そもそもリストカットしようか悩んでいるということはリストカットをしなくても生きていけると思っています。

しなくてもしてもいいからするかしないか悩んでいるのだと。

勝手な考えですが。

 

それではここら辺で筆を置きたいと思います。

雨。

こんにちは、せりな(ryです。

 

昨日、一昨日と私が住んでいるところでは雨が続いていたせいでいろいろ

思い出してしまってしんどくなりながら過ごしていました。

完全に思い出話+少し重い話になってしまうかもしれないのでご注意を。

 

 

私は約2年半前の2015年の4月に大切な人を亡くしました。

自殺でした。

彼女は私より3つ上の人で、私とおんなじ女の人で、

もともとTwitterで出会った人でした。

その人は昔から心の病気を患っていてメンタルが死んでいるときもありましたが、

それでもきっと克服するって毎日仕事や勉強をがんばったり、

恋人といろんなことをして過ごしていて、私のあこがれの人でした。

優しくて、頭もよくて、かわいくて、ゲームもうまくて、

彼女といつもいろんな話をしていました。

でも1番仲良くなったのはお互いのそれまでの人生に似ているところがあったからだと思います。

それは家庭環境であったり、お互いの恋人だったり、それまでの人付き合いだったり。

当時は特にお互い付き合っている人にひどい扱いを受けていたのがあったので意気投合しました。

それからは、どちらかがしんどいときにはその人の家に行って一緒に過ごしてって感じでした。

2人してメンタルがヘラっていたのでODしてらりぱっぱしたり、彼女は結構ずばずば腕切ってたのでその手当てしてあげて「今日は結構いったねー」なんて話したり、時には一緒に音ゲーしてココア飲んでふーってしたり、しんどいねーって言って「一緒にたばこ吸って」って言われて彼女のたばこをもらって一緒にふーってして一服!って言って笑ったり。

そんなこんなで私の唯一心を落ち着かせることのできる存在でした。

でも死なないっていつも言っていた彼女はある日死んじゃいました。

それまでもつらいことはたくさんあった彼女を殺した決定打は彼氏の浮気でした。

正確には浮気ではないかもしれませんが、彼女の友達にもうそろそろ別れようと思ってるんだって、実はこの前オフであった子が気になってて、そんなことを話していたのが彼女の耳に入ってしまい自殺しました。

彼女は本当は行ってほしくない女の子との2人きりのオフでも彼に笑っていってらっしゃいって言って送り出したり、彼が体調を崩して学校に行けてなかったので彼女が働いて働いて、彼の生活の面倒も見てあげてて、いろんなひどいこともされたけどそれでも彼のことが大好きっていつも言ってました。

なんだかんだで彼がいないと生きていけないって。

本当は私、彼女が死のうとしてるのに気づいてたんです。

死ぬ数日前に「彼に私がいない世界が幸せだってことに気付いてほしくない、だから殺してそのあと自分も死にたい。」って言ってたんです。

普段どんだけ辛くても死ぬもんかって言ってた彼女が死にたいって言いだしたんです。

でも止められませんでした。

私にできたのは「死んじゃったら悲しいよ」って言うことと、

いつもみたいに一緒にのんびりまったりメンヘラしながら過ごすことだけで、

私が門限あるからってことで彼女の家をいつもみたいに過ごして出た後に急にLINEがきて、

「いつもありがとう。おかげでつらい毎日も楽しく過ごせたよ。

先に死んで楽になるってチートするけどごめんね。

せりなもつらいことたくさんあるだろうけど、

いつでも見守ってるからがんばってね。

妹ができたみたいで本当にうれしかったし本当に今までありがとう。

だいすきだよ、ごめんね、さようなら。」

そんなことが書いてありました。

幸い家出てすぐのところにまだいたのですぐに彼女の家に戻りました。

でも、丁度ついてすぐに6階のベランダから彼女は飛び降りて、

すぐに救急車を呼んだりましたが助かりませんでした。

それが雨の日でした。

雨が降ってじめっとして肌寒い嫌な天気でした。

そのあと彼女と付き合ってた方はすぐに例のオフで会った人と付き合って、それが許せなくてずっとずっと憎んでました。

もう別れて彼女のことを思い出しては後悔してるみたいですがもう私には関係のない話ですね。

 

それから雨が降ると彼女のこととか、目のまえで飛び降りた瞬間を思い出して今でもなんでもっと支えてあげられなかったんだろうとか、また会いたいなってなります。

 

そんなこんなで彼女と一緒に吸ってたたばこまた吸いたいななんてふと思いながら泣きそうになるの堪えて過ごしてました。

 

っていうのをまだ引きずってるので1回書いてすっきりしようと思って長くなりましたがブログにしてみました。

 

 

またたばこ吸おうかなあ。